低用量ピルは女性の味方

楽しみにしている旅行やイベントが丁度、生理予定日に被ってしまってどうにかずらしたいと思った時に利用できるのが、低用量ピルです。

生理予定日の1週間程前から服用を始めれば、服用している期間は生理を起こさないままでいられます。

そして、その服用を止めると1~3日後に生理が起こるのです。旅行やイベントを思いっきり楽しみたい女性にはオススメな使用方法です。

また、それだけでなくストレスなどから起こる肌荒れも低用量ピルの服用によって整えることが出来ます。

飲み始めは少し肌が荒れたりすることもあるようですが、それはホルモンバランスが本来のバランスとは違い状態になる時に起こることで、それが整ってくることで肌荒れは落ち着くので美容の点でも期待が持てるのです。
低用量ピルが女性の味方になってくれる
一般的に低用量ピルが利用されるのは、生理不順を改善したい時や酷い生理痛を軽くしたいと考える時です。

ホルモンが一定量含まれている低用量ピルを毎日飲むことで、体内のホルモンバランスは保たれるので生理予定日を調整する時のように、服用を続けていれば生理は起こりません。

その為、服用を21日間は続けて残りの1週間程度は低用量ピルを飲まないという方法を繰り返し行います。この方法によって、生理不順は改善されていきます。

生理痛については、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが増えることで、子宮内膜が過剰に厚くなってしまいます。

すると、生理が始まると子宮内膜が剥がれ落ちた経血を、体外へ排出しやすくするために子宮内膜の収縮を促します。

この時に子宮内膜から分泌されるホルモンに似た物質が、プロスタグランジンです。過剰に厚くなりすぎた子宮内膜からは、この成分が多量に分泌されるので子宮の収縮も増し、生理痛が酷くなってしまうのです。

しかし、低用量ピルでホルモンバランスを整えることで子宮内膜の過剰な増殖の抑制につながるので、生理痛も軽減できます。

こうして分かるように、低用量ピルは女性の肌への良い影響から体内のホルモンバランスへの影響などさまざまな効果が期待できます。

女性の悩みを解決してくれることから、低用量ピルは女性の味方になるといえます。

PAGE TOP