生理不順と低用量ピル

女性の身体は、ホルモンバランスが体調に大きな影響を与えています。ホルモンバランスはとても繊細な上に、女性が気にする生理周期には特に影響を及ぼしやすいのです。

つまり、ホルモンバランスが乱れれば生理周期にも変化が出てきて、生理不順を引き起こしてしまいます。

いつもより生理が長引いたり、量が極端に減って生理期間が短かったりすると生理不順になっている可能性があります。

その原因には睡眠時間の変化や食生活、ストレスなどさまざまな理由があります。それを直そうと意識してもなかなか簡単にいくものではありません。

そして、生理不順をそのままにしておけば体調不良や最悪の場合、不妊につながってしまう可能性もあるのです。

そうならない為にも、生活習慣を見直して意識することは大切ですが、同時に低用量ピルが持つホルモンバランスを整えるサポートの力を借りることも必要になります。
生理不順がひどくて低用量ピルが必要な女性
低用量ピルには、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれています。

本来は女性の体内で、この2つ女性ホルモンのバランスが保たれているものですが、ストレスなどによって乱れると生理不順を引き起こしてしまうのです。

低用量ピルは毎日1回服用する必要があります。そして、なるべく同じ時間に飲むほうがいいのです。

その飲み方を実践することで、体内のホルモンバランスは低用量ピルから吸収されるホルモン量で整えられます。
決まった時間に飲むことでより、整った状態を保つことができるのです。

21日間服用を続けて、7日間は服用をやめるか偽薬を飲むようにします。すると、その間に生理が引き起こされるのです。

こうして、低用量ピルの服用によって生理周期は整うので、服用と休薬を続けている間は生理不順が改善されている状態が続きます。

なかには生理が来たら、生理周期はリセットされると言われますが、生理不順の人は体内で分泌されるホルモン自体のバランスが乱れている状態のため、すぐに低用量ピルの服用をやめてしまうと元に戻ってしまいます。

そのため、低用量ピルの服用はしばらくの期間続けて、生活習慣を改善してホルモンの分泌が正常におこなわれるようになってから服用をやめることで初めて、本来の生理不順は改善されるのです。

PAGE TOP